新制Travis Japan

11.18 昼 湾岸で幕が開いたとき5人が出てきて情熱の一夜がはじまって。松松加入なんて嘘じゃん なーんて思ってたのに メドレー後気づいたら5人になっちゃったってって自虐ネタからゲストですって出てきた松松ちゃん

 

いやまじかって 私は器用なヲタクじゃないから自担しかみえないし まさかの自担と推しが同じグループか…って もうげんげん見れないじゃんって

 

SHOCKも行ったし自担にも推しにも甘いけど松松のダンスとトラジャはまた違うだろうと思ってたのに 7人で1曲目のNow and forever この曲ヒロキのイメージが強くて流れただけで泣きそうだったのに ちゃんとげんげんも踊れてて そのあとのことはよく覚えてない まぁ推しには甘いから多少のズレとか全部美化してただけかもしれないけど それに5人のえび座をみたあとだったから7人ってすごく安心する人数で 新規だから7人の期間が長かったし余計かな、 Travis Japan 第2章の始まりだなって思った

極めつけはIt’s BAD たまたま七五三掛と前後だったからげんげんもしっかり見えて 七五三掛はもちろん夏とは違う位置だけどやっぱり7人だからかなぁ 帝劇では泣いたのに本当にかっこよくて  

昼公演後 あぁ加入だなと言われて複雑な思いでみた夜公演のMC 最上手にいたからどうしても自担がみえにくくて たまたま最下手のげんげんと如恵留くんが大きな口あけて笑ってるのがみえて こんなにみんな楽しいならもう何人でもいいじゃんって

 

松田推しとしては9.10月と地方でSHOCKに出演し10月に動画を見ながら振りを入れSHOCK後 2週間でトラジャとここまでのレベルに仕上げてきた松松が本っっっ当にすごくて よくやったって もう手放しに褒めたい でろでろに甘やかしたい

でも七五三掛担としてはPLAYZONEで結成されたあの9人こそがTravis Japanであり、いくらダンスがうまくても急にメンバーの加入を言い渡されても…っていうのが正直な気持ちで

 

あの湾岸の空間にいたときはすごく楽しかったし今でも思い出すとすごく楽しいのに月曜日のめざましテレビで新加入って書かれてるのをみると少し気持ち悪くなった 今でも松松もトラジャなのにトラジャと松松って認識があったり この問題はすごく難しくて

嫌じゃないの、全然 正直5人になったとき少年収に呼ばれなくてもうダメかと思ったし 未だに序列も下で少年収ですら全然歌わせてもらえないグループに事務所の意向か本人達の意思かはわからないけど加入してくれて 現場に入るたびに泣いていた私が素直に楽しいなって思えた現場で 本当に本当に公演は良かったし松松がトラジャに来てくれるのは嬉しいぐらいで

でもなにか心がついていかなくて 未だに美勇人とかじがいた7人の映像が地雷だったりする 6人も8人もみれるのに7人だけ見れない、

それは私が美勇人への未練があるからで別に松松もトラジャも悪くない 悪くないんだけど5人で頑張ろうねから加入が早すぎて目まぐるしすぎて私の体がついていかない、それは私のせいなんだけど 

だから今のトラジャはなんとも言えない 動いてる本人達みるのはすごく楽しくて応援したい でもなんだろうな、7人 6人 5人でこれから頑張っていきます って言われたときと同じ気持ちでおーよしよし頑張ろうな!売れような!とは言えないというか これはきっと私が美勇人の未練を断ち切れれば受け入れられるのかな、

 

完全にヲタクのエゴだけど美勇人はトラジャにいたかったんじゃないかって今でも思ってる バカだなって笑って欲しいけど いろんな雑誌でダンスの話してトラジャの公演見に来てくれて まさか新メンバー加入のときまでくるなんて げんげんとも仲良いみたいだし当たり前なのかな 自分が帰る場所はもうないって どんな思いで湾岸みたの…?

 

七五三掛さんはどうしていつもそんなにポジティブなの? 前しか向いてないって何回も聞いたよ なんで いつも良い意味でいつも通りを見せてくれる七五三掛さん なんでそんな強いの 私はあなたのそんなところ 担タレだねって言われるぐらい強くなりたいよ、

 

 

 

 

えび座

5人のトラジャ初めてのお仕事A.B.C-Z座の感想とか書きます。

2回しか見に行ってないけど1回目(10.17)が少年収不在の翌日でジャニーズの解散までの一悶着とか諸々がグサグサ刺さってしまって全然楽しくなくて途方に暮れていたけど、2回目(10.26)は1月帝劇にトラジャもいるってなって安堵感があったのともう終わりかけで少しアドリブとかできるようになっただろうとですごく楽しかった。

 

夢ハリはフォーメーションの違いとかで胸が苦しくなることもあったけどバックで踊ってくれるえびさんとMADEもいてすごくすごく素敵なものだったし、なんと言っても先輩メドレーが本当に至高。特にキスミスの如恵留くん。えろい。えろすぎ。感情入りすぎ。好き過ぎて七五三掛が視界に入んない状態← バタバタの宙船も河合くんとわちゃわちゃする世界に一つだけの花もすごく好きだった。アレンジがジャズ調なのも最高。あれをアルバムにしてほしいぐらい好き。

 

ドーベルマンでの閑也のジャパンネタも電報のうみも初めはそんなことできるの?!と心配だったけど(モンペ)終わりがけは大爆笑とっててすごいなぁって思ったし、キスマイについたときもバラエティ的なところを学んでくれたらってみっくんが言ってくれてたしそういうの生かせてたら良いなぁとか思ったりして。

 

9月帝劇は一言でしたが、相変わらず私はあまり好きじゃないなぁと思ってたのに七五三掛さんのセリフの言い方が場面的な問題もあるだろうけど落ち着いた感じでなんかすごく好きになってたし、なんとなく幸せもちゃかちゃんの声もはいってるからあれだけど歌上手くなった気もしてなんかすごく嬉しくて。

塚ちゃんと野球チームの名前会議するとこも可愛くて好きだったし本当に夢ハリやらせて頂けたことは本当にえびさんに頭があがりません。ありがとうございます。とても楽しい舞台でした。

10.27 もうこないかと思ってた美勇人が見学にきて。夢ハリ歌ってましたってレポみかけて。涙が溢れそうだった。それが例え嘘でも別に構わない。美勇人が一緒に踊る姿を私は見たかったから。ちゃかちゃんは案の定テンション高かったみたいで。可愛いね。美勇人大好きだもんね。

ユメアイで夢ハリには美勇人が入る余地がないぐらい6人が立派だったってレポみかけたりしてたけど私はどうしても美勇人に一緒に踊って欲しかったからここに美勇人がいたらなぁと思うこともあって。本人達は前向いて頑張ってるのにファンの私はずっと美勇人引きずってる状態がまだまだ続きそうで申し訳ない。もちろん5人のトラジャが嫌いとかそういうわけではなくて。いなければいないでなにも思わないけどLove-tuneの森田美勇人がTravis Japanを見学という紛れもない事実に、美勇人はもうLove-tuneのメンバーであることに、まだ少し悲しくなってしまう自分がいる。出来ることならば、先輩メドレーで踊る美勇人が見たかったし美勇人のキスミスやばそうだなって初回から思ってたし… 世界に一つだけの花でえびとわちゃわちゃする美勇人みたいなって思ったりもしたし。

あまりにも美勇人が見学にこないから実はトラジャと一悶着あって気まずくなったのかなとかあらぬ心配もしたりはしてて。でも実際そんなことなくて。レポは個人の主観が入るから本当かどうかはわからないけど、如恵留くんの目が潤んでたとかみんなテンション高めだったとか本当みんな美勇人が好きなんだなって少し安心もした。顕嵐がいなくなってからもなにかと顕嵐の話しだしたりするぐらいだったし当然なのかもしれないけど。

Love-tuneにとって、森田美勇人がTravis Japanにいたことは現時点での顕嵐のように無かったことになっていくと思う。一種のタブーみたいなもので。これから美勇人のファンになる人はトラジャにいたことを知ることはないかもしれない。でも、Travis Japanにとっては森田美勇人がいたことも顕嵐、拡輝、かじがいたこともずっと残っていく大切な思い出なわけで。これからも本人達は話続けると思う。夏のキントレでPLAYZONEの話をするときに良いのか悪いのかさらっと顕嵐の名前出してきたことを私は忘れないぞ。もちろんこれからTravis Japanのファンになる人が4人を知るのはいつになるかわからない。本人達が顕嵐や美勇人の名前、俳優の親友をよく出すから仲良しなのかなと検索することもあるだろうし、トラジャの動画やDVDで見つけることもあるだろうし、もはや見つけることはないかもしれないけど。

 

何が言いたいかよくわかんなくなったけど、他担に早く前を向けお前らの自担はどこにいるんだよ、前向いてるのにお前らまだ引きずってるのかよって笑われてもいい、毎回毎回美勇人が見学に来るたびに葬式かよって言われてもいい、それでも私は美勇人が好きだし、ラブでのダンスとトラジャでのダンスは違うと思ってるし。帰ってきてとはもう言わないけど、それでもやはり見学にこられるとステージにいないのがとっても寂しい。

 

5人のトラジャは大好きでどこでも職人やってるトラジャが好きで。後輩にもダンス教えたり自分達で休憩中も振り固めてるトラジャが大好きで。それは本当に本当で。でも、まだまだ整理はつけれそうにない、

 

5人の未来

9.30 ジャニアイのレポで梶山が泣いていて、周辺が泣きそうだった、泣いていたとみて正直まじか…の一言だった。でもその時点では信じたくなかったし信じてなかったし。

 

10.5 早売りで5人のTravis Japanをみてあぁ、本当だったんだなと。

 

それから10.7えび座の幕があいて5人のTravis Japanの仕事が始まって。本人達も目まぐるしい毎日を送っているんだろうなぁ。8月の単独ではまだ7人だったもんね。

 

えび座には17に行くからまだ5人の夢ハリは見れてなくて。内パラは泣かなかったから泣かずに見れる気もする。わかんないけど。

 

Travis Japanの何がすごいって人数が減ってもそれを感じさせないぐらい毎回パフォーマンスが素敵で。逆にその健気さに泣けてしまうことがある。

 

自担の七五三掛くんは千穐楽だからといってあまり特別感をもってないタイプらしく、舞台ではほとんど泣かないらしい。新規だから詳しくないけど。自分が抱え込むタイプだからそれがたまに不安になるときもある。彼はすごく器の大きくてストイックで強い人だから本当に人に頼れているのかなぁと。

 

Travis Japanに残っているみんなはきっと何度も何度も話し合いをしたし、その度に自分はどうかも考えたと思うし…それでもアイドルをしていてくれることをすごくありがたく思うし、報われてほしい。

 

やっとできたオリ曲で、これからだというときに梶山がいなくなったのは正直デカいと思う。個人的には美勇人もまだ受け入れきれてなくて。美勇人が夢ハリにいたらと思う時が正直あるし。

 

でもないものねだりをずっとしていても仕方なくて。なんて言ったって信頼と実績のTravis Japanなんだから。いつも何人でも最高にたのしませてくれるTravis Japanなんだから。ついて行くしかない、いや、ついて行かせて下さい。例えこれからまだ人数が減ることになっても何人でもきっと最高のパフォーマンスをしてくれるだろうし、そんな彼らが好きだから。

 

結構ヲタク歴自体は長いけど、人数が減るのは初めてで。Jr.に降りて来なきゃよかったかなと思う日もあったけど、そんな日より、Travis Japanに、七五三掛龍也に出会えてよかったと思う日の方が多いわけで。酸いも甘いも教えてくれたのはTravis Japanだったりして。

 

報われてほしい と言っても、デビューしてほしいとは 私はあまり言わないようにしていて。彼らのやりたい事を存分にできればいいなぁと思う。舞台出だし 舞台をそれこそふぉ~ゆ~みたいに単独でできるようになりたいならそれを目指して頑張ってくれればそれでいい。

 

どうか彼らに明るい未来が差し込みますように

 

 

ミクロワールドファンタジア

先日観に行ったミクロワールドファンタジア

松田元太はじめての外部舞台 

 

いつもバックで踊ってるイメージが強くてまつく~ってひっついてるイメージが強くて でもセンターで歌い踊るげんげんはすごくかっこよくて でもどこか愛しくて

 

なんだかいつの間にか少年から男になっててでも18だからまだ無邪気で素直で 共演者の方々にも可愛がってもらってたみたいだし…

 

アリさんの触覚がまず可愛いんだよ~~ げんげん歌うまくてびっくりした 七五三掛より多分うまいよね←← マリウスのストーリーが全く掴めないわ七五三掛出てこないわで見てるのしんどかったけど今回は違って DVD出ないのが残念だな、

 

SHOCKでまた一回り大きくなったげんげんを早くみたいよ、

 

 

Fantastic ride

先日少クラで放送されたFantastic ride

トラジャが6人と現実を突きつけられたFantastic ride

速度制限がかかってたのとBSが映らないのとで動画が見れてなくて 現実を受け入れたくなくて ずっと見てなくて、

やっと今日見れました

 

祭りのときも美勇人はラブ側だったっけ?結局1公演しか入ってないから覚えてないんだけど 6人という現実にまず泣いた 美勇人はここにいるのにラブ側で、

 

ラブトラって括られたらどっちに美勇人がいてもまぁ仕方ないんだけど、ボロボロ泣けてきて いつまでも受け入れられない6人になる現実

 

私はオンリーではなく箱推しだから余計引きずってるのかなんなのか、 すごく辛くて

 

今日の少年収でOPとEDしか出ないトラジャ 美勇人はトラジャ側にはいない ハイBに新曲…

 

Jr.担がこんな辛いなんて思って無かったな、薮担だったときより辛いかもしれない、

 

名前はあるけど果たして夏に美勇人がいるのか不安だし、いたらいたでいなければいなければで号泣して帰って来そうだし どこかで心の整理をつけたくて でもつけれなくて

 

拡輝は芝居がやりたくて事務所やめて 今は頑張ってお芝居してるみたいで やりたいことがあるなら仕方ないよね って思ったし 9人時代は追ってないからさほど顕嵐に思い入れはないし今回のは酷く引きずりそう、

 

ラブが悪いとかだからラブが嫌いとかそういう話ではないんだけど、そこにいるのにこっちにはいない現実が見てられない、

 

ラブトラって括りが酷く辛い

 

ダメなヲタクだから折り合いがつけれません、

 

ハイBも謎 これからもう10人体制でいくの?そこにはオリ曲あげるんだ?なんて思ってしまうしダメなヲタクすぎて、

 

如恵留くんはないなら作ればいいじゃない

なんて言うけど本来ならばそれは違うよね、仮のオリ曲というか、トラジャの単独なら歌えるだろうけど少クラのオリ曲メドレーとか帝劇とかでは歌えない、

別に1曲ぐらいオリ曲あげても事務所的に痛くも痒くもないはずなのになぁ つらい

 

作ればいいって本当に作ってくるのが如恵留くんだから嬉しいような寂しいような複雑な気持ち

 

あぁーヲタクやめたい

 

 

美勇人

先日ジャニーズyou&meアイランドの記者会見があって。ネット記事がTwitterで回ってきていつものごとく人数を数えたら6人で。でもすぐ上に美勇人の名前はあったからあ、2回も書くのはあれだから短縮されたのね なんて思っていた矢先

 

どのネット記事をみても翌日の新聞をみてもTravis Japanに森田美勇人がいなくて Travis Japanとして映ってる写真も6人で

 

いつかはこんな日がくるとは思ってた 誰がどう見ようとデビューは無理だとしてもメディアにも出れないトラジャにいるよりもメディアにも出てオリ曲もあるラブにいる方が美勇人の人生にプラスになるだろうっていうのはわかってたし。でも美勇人はダンスが好きだからトラジャに居てくれるかもしれないなんて淡い期待もあって。

 

私のJr.に落ちたきっかけは安井くんでそんな安井くんはLove-tuneにいて。もちろん顕嵐も好きだし長妻もモロちゃんも好き でもLove-tuneというグループがずっと受け入れきれてなくて、それもあって安井担にはなれなかったし。

 

心構えはしてたつもりだったのに美勇人がいなくなるってやっぱりでかい 美勇人がいなきゃトラジャじゃないとかそういうわけではないけど

 

まだ確定ではないしわからないけど本当に6人になったらまた本人達はファンのみんなごめんねって1年で何回謝るんだろう 少し風向きが変わったと思ったら1人また1人抜けていって

 

みんな良い子なんだろうなってずっと思ってて。顕嵐がいなくなっても雑誌で顕嵐の話したりラブの仕事をしてる美勇人を見に行ったりこれから機会があればヒロキの舞台もいくんだろうな 

 

ステージの上でにこにこ話してるのみたりキレキレのダンスしてるのみると今日ここに書いたことなんてどうでもよくなるんだろうけどやっぱり私は美勇人にいて欲しかったし、

 

正直Love-tuneが羨ましい

オリ曲もあって真夜プリにも一部でてて、顕嵐も美勇人もいて。ラブ担はこれからまた誰か抜けるかもしれないなんて不安抱えたことがないんだろうな 羨ましい嫉妬しちゃう

 

なーんてね、

ヲタクの戯れごとです

自担とは、

私は七五三掛担を名乗っているが、現在主にお金をかけてあげたいなと思える人が他にもいて。ただ沸くだけならばDDだからなかなかな数がいるしすぐに、かっこいい可愛いを連呼してしまうのだが…

 

それが松村北斗松田元太である。

 

松村北斗はしめちゃんより前に出会っていたし、松村担に片足つっこんでたわけで 笑 今でも好きで松村担とこのほっくん最高!!!!!!と語り合う仲である。

 

対して松田元太はごく最近の話で。それまで松松なら松倉派だった私が何かの舞台誌でSHOCKのところに映っているげんげんをみてあれ?!?!なんかイケ化が凄まじいね?!?!と電光石火のごとくハマってしまった。好都合なことにサマパラ2016を持っており、中島が好きだったし毎日のように今もみている。

 

先日、げんげんがWBBに出演が決定した日、キントレ()の当落日であったわけだが、キントレは全滅したのに何故かそう落ち込んでおらず、ずっとげんげんげんげんとTLを荒らすくそ迷惑なDDをしててふと思ったのだ。

 

自担って私にとってなんだろう…?

 

ほっくんとは一緒に暮らしたい!とかよく言ってるし、げんげんには貢ぎたいとよく言ってて。しめちゃんには持ったことのない感情で。でも、たいていの人は、リア恋枠で人気になってほしくてフォトセ複数買いしたりしてて毎日好きで溢れてて…

 

実はこの議論は今に始まったわけではなくて。私はDDのくせに掛け持ちが下手で、今までも自担は1人で推しとしてほかの人を同時に追っていたのだが、推しの方がお金かけてたりして、ずっと悩んでいた。

 

キントレに行けなくてもどうにかげんげんの舞台だけは行きたい。でも松田担は名乗るつもりはなくて。ヲタクはここら辺が難しい。

 

結論から言うと、私のなかで

しめちゃんは憧れであり絶対であり、北斗くんはリア恋枠、げんげんは貢ぎたい対象と、ほかの人の自担の定義を3つに分ければしっくりくるのではないかと考えた。

 

しめちゃんや、ほっくんのフォトセは複数買いは他の方にお任せしているが、げんげんは買ってあげたくて。おばちゃんが遊園地も映画も買い物も全部お金出すから一緒に行こう?って感じ

 

ほっくんはあまりにも理想が叶いすぎていて、一緒に暮らしてほしい。毎日ご飯作ってほしいし、たまに叱ってほしいし。でも甘やかしてくれたり、ちょっと不器用なところも全部全部大好きだーーーーーってなるし(松村担のみなさんすいません。m(_ _)m)

 

しめちゃんは憧れ。あのステージに立って、ファンがいっぱいいて、ニコニコしながらファンサして、メンバーとわちゃわちゃ楽しそうにしてくれている、その存在がありがたいもので。だから会えなくても、ほかの人から今日も元気に踊ってたよ、可愛かったよ、って聞くだけで幸せになれるし、わざわざ会いに行かなくてもいいんだよね、憧れだから。憧れには近づき過ぎない方がよい(持論)からね。

 

自担=憧れ なんだと思うとなにもかもがしっくりくる。本来、憧れだからこそ恋愛がしたかったり貢ぎたかったりするんだろうけど、私の中では別で。これからも胸を張って七五三掛担を名乗りたいと思うし、自分のスタイルで各々を応援していきたい。